NucleusのXMLRPCを拡張する

NP_MetaEXプラグイン及びNP_Trackbackと連携することにより、UbicastBloggerなどのXMLRPCを用いた投稿ツールの各種項目に対応してみた。

有効になる項目は以下の通り。

追記(これはすでにネットで流れている情報)
キーワード(mt_keywords)
概要(mt_excerpt)
コメントの受付(mt_allow_comments)
Track back ping(mt_tb_ping_urls)
新規投稿時における日付日時の指定(dateCreated)

なお、キーワード・概要に対応するには拙作NP_MetaEXプラグインが、Track back pingにはNP_Trackbackプラグインが必要になります。

また、投稿日時は新規投稿時のみ有効になります。

NucleusのXMLRPC関連のアップデート

ダウンロードページより、api_metaweblog.inc.zipファイルをダウンロードして、api_metaweblog.inc.phpをアップデートします。

この修正には前述した有効項目に対応しています。
なお、NucleusがEUC-JP環境で過去記事が正しく取得できない問題を抱えている場合には、記事の修正を行ってください。

Ubicast bloggerの設定

Nucleus側の設定が終わったままではUbicast Bloggerから利用する場合に有効となった項目がUbicast側には反映されていませんので、Provider.xmlを修正する必要があります。

BlogWriterの場合は各ブログの設定項目はないのでそのままいけるはずです。

Provider.xmlのNucleus (v3.0以降)の部分に以下のように項目を追記してください。

なお、本修正にはUTF-8対応のエディタで行ってください。

よくわからないという方はダウンロードページよりパッチファイルprovider.zipをダウンロードして実行してください。
解凍後実行するとProvider.xmlの場所を聞いてきますので、そのファイルの格納場所(Program Files\Ubicast\blogger)を指定してください。

本パッチ及び更新プログラムは、udm Free Editionを利用させて頂きました。

 

プッシュ通知を