MPIO MP3プレーヤー ML300 なかなか良いっす

相棒がMP3プレーヤーほしいぞ というので、MPIOのML300を購入してみた。

本当は、iPod Shuffle 2GBを買う予定だったんだけど、、、諸般の事情によりキャンセルし、そんでもってSONYの新しいのにするかどうか相棒が悩んだ末にちょっとライム色に惹かれたのとコストパフォーマンスを考慮して、このMPIOに決めたという事情。
MPIOは、おいらの最初のMP3プレーヤーだったので特に支障はないだろうってことで早速楽天の下記ショップにて購入した。

 

語学学習、会議メモに最適な再生スピードコントロール機能
エムピオ・ジャパン MP3メモリープレーヤー ML300-2GL

MP3/WMAに対応 DRM付きWMAもOK

メーカー希望小売価格 オープン価格

到着後まずは持ってるCDから2枚ほどを入れようってことで、相棒のMediaCenterを使ってWMAに落とし、コイツをUSB接続してフォルダ一括コピー。

さて、聴いてみるかとプレイボタンを押したらエラー。

どうやら、MediaCenterで落としたWMAはDRMが掛かってるらしい。

げげ、、、やはりちゃんとマニュアル読むべきか・・・とHPでマニュアルのPDFをダウンロードしてみる。

そうすると、どうやらML300には2つのモードがあって、基本はよくあるUSBのリムーバブルディスクとしての機能で、もう1つはメディア端末としての機能があるようだ。

前者が、MSC(Mass Storage Class) Mode後者がMTP(Media Transfer Protocol) Modeと呼ばれている。

MTP Modeっていうのは、iPodみたいにiTunesを起動した状態でiPodを接続するとiTunesにiPodが現れるのと同じような感じになるモードってことになる。
この場合、相手がiTunesではなくてWindows Media Playerになるわけだ。
ちなみに、MTPを使うにはXP+Windows Media Player 10以上かVistaが対応OSになっているので要注意だ。

MTP Modeで接続すると、Windows Media Player上にML300が表示されるので、ココにPCのライブラリをドラッグして同期ってするとDRM付きのWMAファイルがちゃんと再生できる状態でML300に送られることになる。

ということで、上の解説の通りそんな操作をして無事DRM付きWMAはML300に転送できた。
ついでに昔にMP3ファイルにしてたものもWMPを使って転送しました。

MTP機能はその存在自体を知らなかったので、かなりいい感じ!っていう印象です。
まさに、iTunes+iPodみたいな間柄ですね。 (音楽ファイルに限ればですが)

 

ついでに、そこそこいい音らしいって言ってました。(多分、イコライザのせいかも)

意外と格安な割には使い勝手がよい感じなんで、MPIOはオススメかも・・・。

プッシュ通知を