MODxを静的HTML吐き出しツールとして活用する為のエクスポート改造プラグイン

2009年初投稿です。
明けましておめでとうございます。
たまに当ブログをチェックしてくださっている少数の方々、いつもご覧頂きましてありがとうございます。
ついでに滅多に更新しなくて申し訳ありません、本年は少しでもマメに更新できるように頑張りますぅ(といいつつ、4日経ってますけど)
さて、本日1月4日は私の誕生日であります。(拍手)

ということで、誕生日記念ということで本プラグインを発表!します。
すでに昨年秋ぐらいに一度作ってはいたんですが、0.9.3のリリースと共に再度ソースの見直しや最新版での確認とかも含めて再度作り直してみました。
ソース自体はとても短いので、当記事にそのまま貼り付けます。

エクスポート改造プラグインは、MODxを静的HTML吐き出しツールとしてプライベート(イントラとかローカルな自分のPC)に構築したMODxをグローバルサイトにHTMLをアップする際にちょっと面倒な部分をなんとかしてくれるっていうプラグインです。

ちょっと面倒な部分っていうのは、ホスト名周り。
いわゆるMODxのテンプレートでは、base hrefタグでリソースを相対パスで指定できるようになっているのが標準的な使い方ですが、このbaseタグのバリューはプライベートでアクセスした際のホスト名が入っちゃうわけです。
XAMPPで自PC上とかであれば、hostsに追記して実際のアップロードしたいホスト名と同じ名前でエクスポートをさせれば問題はないのですが、それも面倒だったり、実は/modxというフォルダ上に作ったものだけど、アップしたいグローバルサイト上ではルート/アクセスさせたいとかそんなときにこのプラグインがお役に立つ場面なのです。
要するに、base urlを任意に設定しちゃえるプラグイン っていうのがこのプラグインのメインの仕事です。

"MODxを静的HTML吐き出しツールとして活用する為のエクスポート改造プラグイン" の続きを読む…

プッシュ通知を