【WordPress】SiteTree HTML/XMLサイトマップ プラグイン

本日紹介する SiteTree は、なんとHTMLサイトマップとGoogleサイトマップの2つの種類のリソースを作成してくれる便利なプラグインです。

悩ましいHTMLサイトマップとGoogleサイトマップ

WordPressのSEO対策では、いつも話題になっているGoogleサイトマップなどXML形式。
よく使われるのが、Google XML SitemapsGoogle Sitemap generator が有名で、ググると結構日本語の紹介ページがあったりするので導入初期にはかなりいい感じです。
しかし、最近ネットでいろいろと見ているとHTMLサイトマップも重要っていう話題を目にして、そういえば人様が見るためのサイトマップって付けてなかったなぁ と思い、速攻でSitemap Generatorをインストールしてこれで完璧なんぞと悦に入っていたわけです。(記事自体がアップされてないのにプラグインだけ入れてもというご指摘はその後しっかりと自覚)

まぁ、そんなこんなで、しばらくは、それでやっていたんですが、ここ最近のソーシャルボタンやらSEO対策やらといろいろといじり始めてきたら逆にこれが気になってきてしょうがない、そもそも別々って無駄っぽい気がする。
なのとか、1つにならんだろうか?? と 再度いろいろ探して見つけたのが今回の SiteTree ってなわけです。
実は、SiteTreeに行き着く前に、PS Auto Sitemapというのをテスト導入しています。
結局、XMLとHTMLのそれぞれ痒いところに手が届くかつシンプルということでSiteTreeを採用することになったわけですが・・・。

SiteTreeの機能

SiteTreeは、大きく分けて2つの機能があります。

  • HTMLサイトマップを固定ページに生成する機能
  • Google SitemapのXML形式を生成する機能

このプラグイン、評価も高いし、タグやカテゴリ、アーカイブなどのXML/HTMLが設定できるのも便利だったりします。
導入当初は、全部ONにしちゃうか とか思ったんですが、まずはちょっと絞ってみて様子をみようか思います。
もちろん、HTMLサイトマップとXMLで別々に出力設定も可能なので、ユーザーに見えるのは簡潔にするっていうのも手です。

セットアップ

インストール

管理画面からプラグインの新規追加でSiteTreeを検索してインストールしちゃってください。

Overview画面

ここはいわゆる現在のサイトマップの状態を表示してくれるレポート機能だと思っておけばOK。
この画面から再度更新したりそれぞれのサイトマップを見に行くことも可能です(ボタン押せばね)

General設定画面

HTMLサイトマップ設定です。
固定ページに出力するもの(記事、アーカイブ、カテゴリ、タグなどなど)をチェックして、タイトル等々をちょこっと設定するだけ。

Google Sitemamap設定画面

こちらは、XML形式のGoogle Sitemapを出力する設定です。
実はまだBETAって書いてるんですが、全然問題有りません。
HTMLサイトマップと同様に出力したいものをチェックして、優先度や更新頻度をセットするだけ。

出来上がり

出来上がりは、もうここの サイトマップ 見ちゃってもらえれば分かるんですが・・HTMLサイトマップをちょっと抜粋でキャプってみました。

みなさんもSiteTreeで2つのプラグインを1つにしてみませんか??

プッシュ通知を